はじめまして

はじめまして!

私達は、オーストラリアで同じコーチング技術を学んだコーチ3人のユニットです。オーストラリアでは、ビジネスコーチ、ライフコーチと呼ばれる私達の仕事や人生をよりよくして行くためのパートナーとしてコーチを使っています。ここ日本にも、「プロコーチ」が存在します。しかしながら、そのコーチ、コーチングがどんなもので、どのように使うのかが、あまり多くの方に知られていないのが現実です。

私達は、コーチ、コーチングを仕事の課題解決や目標達成、仕事以外の課題解決や目標達成に上手に使って、より満足度高く生きる事ができると考えています。「コーチ」を使って、人生を、仕事を、毎日をより楽しく、充実して行くことができるかをお伝えすると同時に、プロのコーチとして、あなたにもコーチングを提供して参ります。

どうぞこれより、「賢いコーチの使い方、あなたの相棒コーチ」よろしくお願いします。 そして、コーチの使い方を知って、あなたの思い通りの毎日を創っていく助けにして頂けると嬉しいです。

(お問い合わせはこちらのフォームから。コーチングお申し込みはこちらへ。)

2015年7月27日月曜日

自分の変化に気づく

こんにちは。

いろいろな方のお話を聞いていると、

「自分ちっとも変わらないんです」
「変わらないのは努力が足りないからですよね」
というようにおっしゃる方がいます。

以前を知っている場合、客観的に見ると、
変化しているにもかかわらず、です。

自分の何かを変えようとして
努力していれば、
少しずつ、変化していきます。

その変化には、いくつか種類があります。

例えば
毎週/毎月/毎年の変化が
ほんの少しずつだけど
長期で見ると一定の変化をしていたり。

折れ線グラフを描いたとしたら

上がったり下がったりを繰り返しながら、
ある一定期間で見ると
上昇傾向という変化もありますし

10区切り目までは、ほとんど変化ないけれど
11区切り目で大きくジャンプするような動きを繰り返す
階段状の変化もあります。

自分だけで自分の変化を見ていると、
一回ずつのわずかな変化を見て、
少しずつなので、たまーにくる
大きなジャンプの時以外、
全然何も変わってない、と感じたり

グラフが下がった時だけ目について
なんだか悪い方に変化してるように
感じたりすることもあります。

本当は10か月目ならこのくらい
変わってる「はず」なのに
まだそこまでいってないから
「全然変わってない」
と感じる事もあります。

自分の変化に気づくには、
長期的に客観的に見る必要があるんです。

でも、体重のように数値化できるものなら
いいですが、
数字にならないものは、
この、長期で客観的に見る
という事が難しいのです。

そうかといって、
自分が「(悪い意味で)変わってないなー」と
思ってる時に、好意であっても
人から
「そんな事ない」と頭から否定されたり、

ずばっと、ものすっごく客観的に
指摘されても、
自分の今の見解、感情と
あまりに違うので、
急には受け入れられなかったりします。

コーチングでは、
「今、全然変わってないように感じている」
という気持ちを尊重しつつ、

客観的で長期的な変化に
自分自身で気づけるよう、
コーチがサポートします。



0 件のコメント:

コメントを投稿