はじめまして

はじめまして!

私達は、オーストラリアで同じコーチング技術を学んだコーチ3人のユニットです。オーストラリアでは、ビジネスコーチ、ライフコーチと呼ばれる私達の仕事や人生をよりよくして行くためのパートナーとしてコーチを使っています。ここ日本にも、「プロコーチ」が存在します。しかしながら、そのコーチ、コーチングがどんなもので、どのように使うのかが、あまり多くの方に知られていないのが現実です。

私達は、コーチ、コーチングを仕事の課題解決や目標達成、仕事以外の課題解決や目標達成に上手に使って、より満足度高く生きる事ができると考えています。「コーチ」を使って、人生を、仕事を、毎日をより楽しく、充実して行くことができるかをお伝えすると同時に、プロのコーチとして、あなたにもコーチングを提供して参ります。

どうぞこれより、「賢いコーチの使い方、あなたの相棒コーチ」よろしくお願いします。 そして、コーチの使い方を知って、あなたの思い通りの毎日を創っていく助けにして頂けると嬉しいです。

(お問い合わせはこちらのフォームから。コーチングお申し込みはこちらへ。)

2017年7月12日水曜日

“自己中”は“実のところ”問題ではない!・・・自分を中心に置く⑥

こんにちは、
ひじま、まさきです。

とかく“自己中(ジコチュー)”と
言われると、
 「自分のことしか考えてない」困ったヤツ
ということになります。

…自分のことしか考えてない
 この言葉から想定されるのが
「他人のことを考えてない」

つまり、“しか”の問題だったりします。

自分にとっていい事を考える
というのは至極自然です。

どうやったら、上手に出来るか
というのは自分にとっていいこと

自分の事を考えないなら
上手になんて出来なくって
良いのですから

しかられようがなにしようが
自分の事を考えない…

「キィ〜」ってなりません?

すくなからず、
誰かに評価されたいとか
手際よくやりたいとか
上手にやりたい
…いわゆる成長、向上心は

自分の事を考えるから
そして、その影響を受ける
誰かのことを考えるから

だれかのために役立つことで
 ほめられる
 しかられない
 役に立つ
 迷惑をかけずに済む
みぃんな、自分のためだったりします

僕なんかは、
迷惑をかけることを想像すると
自分がツラくなったりします

そのつらさは、
実害を受けた相手ではなく
実害を受けた相手を見ている
自分の反応だったりするわけです。

ですから、多かれ少なかれ
私達の行動の原点は
「自分中心」なのです。

ただし、多くの事があ
「バランス」が肝心です。

迷惑な「自己中」は、
自分の事“しか”考えてない

…他人のことを“ないがしろ”に
 していること

が問題なのです。

だとすれば、
あなたがこれまで
「こんな自己中心的で
     いいのかなぁ」
とか
「こんなわがままを言って
     いいのかなぁ」
とか思っていた事は

…他人のことをちゃんと
 考慮しています。
 ないがしろになんてしてません。

その意味では、
いいんです。
 提案しても、言ってみても
いいんです。

もちろん、
自分の事を中心に考えて提案した場合
相手の“中心”とぶつかり合う
なんてことも起こり得ます。

ただし、ぶつかり合うことは
問題ではありません。

そこから、それぞれが
自分が手に入れたい“核心”部分について
伝え合い、話し合う事で、

互いにどんな“自分中心”の形に
すれば良いかを
創っていけばいいだけなのです。

もしここで、あなたが
自分の事を中心に考えて
主張しなければ

永遠にあなたの欲しいものが
手には入らないかもしれません。

なにしろ、
意見を交わし合ったものを
材料にして新しい合意を
作るのですから。

その意味では、
対立を避けて、自分の中で
妥協して提案するか
相手との対話の中で
思いを伝えるだけ伝えてから
…結果として、
 100%得られるかどうかは分かりませんが

互いにとって
最善の「自分中心の結果」
を得るか。

僕は、
相手のことを蔑ろにしない
ということを前提にした
「自分中心」の提案を
お勧めしたいです。

…これを
「自己中だ」といっても
「自己中ではない」といっても

どちらにしても
自分の中心に考えて手に入れたいものは
相手に…現実世界に伝えないと
手に入れられないと思いますよ。

もちろん、その伝え方
新しいやり方の見つけ方には
コーチがお役に立つはずです。

ではまた来週。

◇相棒コーチング

  →お申し込みはこちら
  →ご相談、お問い合わせはこちらです。

 ご連絡をお待ちしております。

2017年7月5日水曜日

自分は過去の経験と未来への可能性とで出来ている・・・自分を中心に置く⑤

こんにちは、
ひじま、まさきです。

アインシュタインの名言に
「蝶はモグラではない
 でも、そのことを
  残念に思っている蝶は居ないだろう」

…ですよね。

これに反する事を私達は思いがちです。

 だれかと、何かと比べて落ち込む
 誰かと何かと比べて、安心する
 不公平だとか、不平等だと思う

思うのは自然なので
良いも悪いもないのですが
このことを思うがあまり
やる気を失ったり、落ち込んだりする

のは面白くないわけです。

この世界に、
自分と100%同じDNAをもって
同じ人生を歩んできた人は
一人としていません。

平等ではありません。
そして、公平に評価される
ということもありません。

その昔、アメリカのバスケットのスター
マイケル・ジョーダンが
メジャーリーグに挑戦しました。

身体能力で言えば、メジャーリーガをも
凌駕するものがあったかもしれません。

ただ、挑戦したタイミングが
彼の全盛期ではなかったこと
メジャーリーグの騒動に巻き込まれたこと
によって

メジャーリーガーとしては
評価されませんでした。

もし、彼の全盛期にメジャーリーガーを
目指していたら
もし、メジャーリーグの騒動が
なかったら

しかし、実際は
あの時期に挑戦を決断したわけです。
これを、不公平という人はいません。

つまり、状況や環境の
平等さ公平さについて、
変えられるならばまだしも、
変えられない場合もある
ということを知っておくことは大切です。

では、どうしたら良いのか。

自分の居る状況を
変えられるだけ変えた後は
「そこでやる」…前提とする
とすればいい訳です。

そうすれば、あとは、
今の自分に、
どんな経験があって、
どんな知恵があって
どんな資源があって、
どんなことが出来るか
…全部主語は“自分”です。

そして、その“自分”を
活かした結果
どんな未来に
どんな気持ちで
どんな振る舞いをしているか
…これも主語は“自分”です。

つまり、
自分を中心に置いて、
思い通りにする

ということ、

良くも悪くも
今の自分を知ること。

限界と限界を超えた先とを知ること。

自分が思い通りに動くための
情報を可能な限りたくさん
手に入れること
なのです。

…だから、コーチは
 あなたの
  過去の資源を引き出し
  今の力を確認し
  未来をその資源と力で創造する
 のです。

言葉だけでなく、イメージや
身体の感覚といった
「全体の自分」から
成功のための情報をかき集める。

…自分を中心に出来たとき
 自分って「成功」のための力の
 “泉”に出来るときなのかもしれません。


◇相棒コーチング
  →お申し込みはこちら
  →ご相談、お問い合わせはこちらです。

 ご連絡をお待ちしております。