はじめまして

はじめまして!

私達は、オーストラリアで同じコーチング技術を学んだコーチ3人のユニットです。オーストラリアでは、ビジネスコーチ、ライフコーチと呼ばれる私達の仕事や人生をよりよくして行くためのパートナーとしてコーチを使っています。ここ日本にも、「プロコーチ」が存在します。しかしながら、そのコーチ、コーチングがどんなもので、どのように使うのかが、あまり多くの方に知られていないのが現実です。

私達は、コーチ、コーチングを仕事の課題解決や目標達成、仕事以外の課題解決や目標達成に上手に使って、より満足度高く生きる事ができると考えています。「コーチ」を使って、人生を、仕事を、毎日をより楽しく、充実して行くことができるかをお伝えすると同時に、プロのコーチとして、あなたにもコーチングを提供して参ります。

どうぞこれより、「賢いコーチの使い方、あなたの相棒コーチ」よろしくお願いします。 そして、コーチの使い方を知って、あなたの思い通りの毎日を創っていく助けにして頂けると嬉しいです。

(お問い合わせはこちらのフォームから。コーチングお申し込みはこちらへ。)

2018年1月17日水曜日

知っているなら試してみよう・・・自分を最大限に活かす②

こんにちは、ひじま、まさきです。


“どうかんがえても”
というフレーズがあります。

「色々考えることで、
     その結末は予想できる」

ということですが、

私たちの世界では“想定外”のことが起こります。
思い通りに行かないことがあります。

なのに

“どうかんがえても”のときには
自分の考えが“思い通り”に進む
と“考えている”ふしがあるのです。

そして、このフレーズ
“どうかんがえても”が出るときほど

「そこまでは、色々考えていない」

事が少なくありません。

そして、私たちは、
自分の知見(経験)に基づく以上の
判断材料はありません。


自分を含めて、本人にとっては
精一杯なのですが、
傍から見れば、色々考えてない上に、
これまでの経験“だけ”では
“気づき”も狭まるというもの。

…実は、こんな時に、物事は
 行き詰まっているのかもしれません。

“どうかんがえても”が
上手く機能していないときには、

「下手の考え休むに似たり」ともいいますから

まずは、一つ行動を試してみたいのです。

たとえば、立ち上がってみる、
歩き始めてみる


場所を変えるだけでも、
 見える風景、
 身体の感じ、
 聞こえる音
(それぞれは微細な違いかもしれませんが…)
変わります。

立ち上がるだけで、
気づきが変わるのですから

“どう考えても”と思って
試していなかったことがあったとしたら
ぜひそれを、一つでも二つでも
試してみませんか?

電球を実用化したエジソンの言葉
「上手く行かないやり方を10,000通り見つけた」
が証明するように

 上手く行かない方法は沢山あるけれど
 上手く行く方法もまたある

上手く行くやり方が
勝手にやって来ないなら、
こちらから歩み寄ってみませんか

…知っていることを試すことで。

試すことで試すことのできる
新しい“知っていること、気づいたこと”が
でてきますから。


考えるだけ、行動しないことで、
ご自身の気づきの力を使わないのは
もったいないじゃないですか。

経験を自分の糧にするのも
自分の力を活かす方法なんです。

ではまた。

◇相棒コーチング
  →お申し込みはこちら
  →ご相談、お問い合わせはこちらです。

 ご連絡をお待ちしております。

2018年1月16日火曜日

一年の目標を立てる前に

こんにちは。

目標を立てたり、仕事の方向性を探る、
といったセッションの前に
やってもらう事があります。
それは、過去の振り返りです。

一年間の目標を立てる場合は、
その前の年。
今後数年間の仕事全体の方向性、といった大きなスパンの場合は、
少なくとも今の仕事を初めてから現在まで、です。

振り返り方は、以前にも書いたように

時系列に
・周囲の出来事
・自分がやった事
・新しい経験(うまくいった事もいかなかった事も)
・学んだ事

を書き出していきます。表形式にしてくる方もいらっしゃいます。

新しい」事の種類にはいろいろあります。
やっている事自体が変わった場合はもちろん

・やっている事は同じでも回数や頻度が増えた/減った
・やっている事が同じでも相手や仲間(部下/上司含む)が変わった/増減した
・やっている事は同じでも自分の立場が変わった
等。

自分の中で
以前はできた事ができなくなった」と感じている場合、
よくよく見ていくと、
上記どれかのケースがあります。

例えば
ピラミッド型の組織で働いている場合、
自分のレイヤーが上がると、
これまでとは同じやり方では管理できなくなる事があります。

単純に出世しただけではなく、
部下や扱っている仕事の種類や数が増えた場合も、
ピラミッドが広がって
結果的に自分のレイヤーが上がっています。

この「今までの方法ではうまくいかなくなる」のは
自分が次のレイヤーに上がった、
次の段階に差し掛かっている~成長している
という証拠です。

ここを乗り越えれば、階段を一歩上がれます。

「以前出来てたことができなくなったから、またできるようになりたい」
目標と

「次の段階に行くために、必要な事を身に着けたい」という目標は
種類もモチベーションも違います。

数や規模、等、事実をベースに振り返ってみると、
この辺の図式が見えてきます。

自分が、今、どんな段階なのかを知ることで、
より適切な目標設定ができるようになります。

◇相棒コーチング
  →お申し込みご相談、お問い合わせはこちらです。

#コーチング #目標設定 #NLP #マネジメント #振り返り

2018年1月10日水曜日

あなたの“言動”が現実を変える・・・自分を最大限に活かす①

こんにちは、ひじま、まさきです。

2018年もいよいよ本格始動
今年もどうぞよろしくお願い致します。

年の初めに限らず、
「こうなったらいいなぁ」
「こうなるように頑張ろう」
と希望、あるいは目標やゴールを見定める
ということがあります。

目標を設定して、モチベーションを高める
コーチングでも言われることです。

言葉尻をとらえる形になりますが、

 目標設定だけで結果は得られませんし
 モチベーションだけでも結果は得られません。

どれだけ目標を考えて決めたとしても何も起こりません。
どれだけやる気や意欲があっても
“何をするか”がズレていては、結果に近づくどころか
場合によっては、遠ざかりさえします。

現実を変えられるのは、自分の“言動”です。

もちろん、関わる人や環境が動いて、
思わず「なんで、邪魔するんだよ〜」と
いいたくなるような、状況の変化も
起こります。

それでも、その状況変化の下でも
現実を変えるのは、自分の“言動”です。

状況が変わったとしても、
変わらなかったとしても

その状況に合う何かできることが
自分にはあるはずなのです。

危機を避けて、潜むことさえも
自分が“できること”の一つです。

 動く、留まる、
 急いでやる、のんびりやる
 ぶつかる、避ける

どんな形の動詞(自分の行動)であっても
現実を変えます。

ところが、思い込みや、考えすぎで
自分が今出来るはずのことを
「ムダだ」とか「意味がない」と
自ら、可能性の選択肢を減らしていることが
少なからずある…そんな経験はありませんか?

たしかに、
一見、遠回りになる一手もあるかもしれません
あるいは、後退しているように感じる一手もあるでしょう。

諺に、
「急がば回れ」の言葉もある様に
場合によっては、それらが最善手になることだって
あるんです。

自分が今、持てるもの
自分が今、できること

それらが本当に必要なときに
 あるときはチャンスかもしれない
 あるときはピンチかもしれない
その大切な時に、自分が持てる、できる
全てのことを“活かせる”ようにする

これがコーチングでしたいことです。

コーチは残念ながら、
あなたの代わりに、あなたの
目標達成や問題解決を直接できる訳ではありません。
あなたの人生を生きるわけでもないのです。

…ただ、あなたが
あなたの目標達成や問題解決をするための
行動や過程(ステップ)を
一緒に作る。そんな役割を果たしてます。

あなたには、あなたが
目標達成や問題解決するために
できることがあります。

ただ、少し見つかりにくくなっているとしたら
ぜひ、コーチを使ってみてください。

これが、コーチからの提案です。

ではまた。

◇相棒コーチング
  →お申し込みはこちら
  →ご相談、お問い合わせはこちらです。

 ご連絡をお待ちしております。

2018年1月8日月曜日

自分に合った目標設定~時間軸と抽象度~

こんにちは。
毎年、新年になると
書き初めなどで「今年の目標」を作りましょう
みたいな雰囲気になりますよね。

目標設定が好きではない・苦手と
いう方は、割とたくさん(笑)いますが、

よくよくお話をうかがうと、
自分に合わない方法で
やろうとして「苦手」「嫌い」になってます。

目標設定には、様々なやり方があります。

まず時間軸

現在から未来を見ていくやり方
 <現在→未来>

vs

未来から現在を見て逆算していくやり方
 <未来→現在>

見る時間のポイント、見る方向が逆です。


抽象度

どんなに細かい事でも具体的に

やりたい事
欲しいもの、行きたい場所
会いたい人
読みたい本
見たい映画
等等
たくさん出していくやり方

vs

「挑戦」
「新しい事をやる」

等スローガンレベルの
抽象度高いものを出すやり方


目標が具体的なところから抽象度を上げて
その年のスローガンレベルも作るのが好きな人
 <具体→抽象>

もいれば

目標をスローガンレベルから
具体的な目標にしていくのが好きな人
 <抽象→具体>

もいます。

考える方向がま逆です。

目標が具体的な事柄のまま
優先度や期限など決めていくのが好きな人
(毎年目標100個あります みたいな人)
もいれば

目標がスローガンレベルのまま進んでいく
何か迷った時にはそのスローガンに戻って判断する
という人もいます。


更に、考えやすい時間や抽象度の幅も人によって違います。

その他の要素もあります。

自分に合ったやり方を見つかれば
目標設定が「苦手」「嫌い」
と言っていた人でも
楽しくできています!
#目標設定 #コーチング #目標設定嫌い #新年の目標
#目標100個 #抽象度 #時間軸 #NLP #タイムライン

2018年1月1日月曜日

自分の心身状態を作る

あめましておめでとうございます。

一月一日は一年の始まり。

そこらじゅうで
「おめでとうございます」という言葉が飛び交い
テレビをつければ着物の人がいて、

世の中がなんとなく「おめでたい」
「晴れやかな」雰囲気です。

「新年が始まる」新しい時間が始まる
空気にあふれています。

こんな時には、
その空気、雰囲気に、
積極的にのっかっていく。

自分で自分をそういうモードにしていく
事が賢いかもしれません。

自分の気分やモチベーション
心と体の状態をまとめて
ステート」という呼び方をします。

どんよりした、暗く、重たーい
ステートの時よりも

明るく、軽く、前向きな
ステートの時の方が

モチベーションも高まり、
行動力も上がります。

いろんなアイディアも出てきやすくなります。

自分のステート(心身状態)を管理することで
様々な事が簡単になるのです。

世の中全体がなんとなく暗い時に、
自分の心身状態を前向きにするのは大変です。

だったら、この、一年で一番?明るく前向きな
元旦の雰囲気を利用して、
自分のステートを作ってみると良いかもしれせん。

自然に、目標を立てたくなったり、
あれをやってみようかな、という気持ちになったり

気付いたら体が動いて
普段しない事をしたり
しているかもしれません。

◇相棒コーチング
  →お申し込みご相談、お問い合わせはこちらです。

#コーチング #NLP #セルフマネジメント #一年の計は元旦にあり #ステートマネジメント

2017年12月27日水曜日

“自分”であることを楽しむためにも・・・変化すること成長すること⑦

こんにちは、ひじま、まさきです。

例えば、受験
例えば、就職、転職

その時期が来れば、
将来のために、好き嫌いにかかわらず

 受験対策に追われたり
 就職、転職の対策に追われます

環境・状況に振り回されている
そんな感さえします。

自分が、
 受験真っ直中、
 就職活動真っ直中のときには
そうは思えていなかったのですが、

今から振り返れば、

“自分”が自分として活動する場を
探っていたのだ
と捉えることができます。

もちろん、
 自分に合う学校、職場
もあれば
 自分に合わない学校、職場
もある。

それを選ぶときも、
 将来性
 あるいは、収入面や
 他の人からの見られ方
 場合によっては
 モテそう、モテなさそう
いろんな基準で選んだはずです。

そして、あるとき、
それに自分が、合っていない事に気づく。

そのときに、
 自分を変えよう、
 成長しよう
と思うわけです。

ただ、そのとき
“自分”がここから先の未来
…直近でいえば明日
“自分”であることを楽しめるだろうか

こんなコトを考えてみて欲しいのです。

家族を支えている…そんな状況の場合
収入面でどうしても必要な額がある

環境や状況に合わせないと…

そんな場面もあるでしょう。

ただ、環境や状況に“追い詰められている”とき
すくなくとも“自分”であること以上に
環境に合わせることに視点が行きます。

あなたが持っているはずの
選択肢は少なからず見落としています。

…あなた自身が、環境・状況に
 “人質”を取られているかの様な
 感じかもしれません。

でも本当は、環境や状況というのは
あなたを追い詰めることはありません。

私たちは自分で“視野・可能性”を
狭めているんです。

「あれ、なんでこんなことをしてるんだろ?」

こんな発想が働いたとき、ぜひ
「“自分”であることを今楽しんでるかな?」
と問いかけてみてください。

そこから、あなたの“変化”と“成長”が
始まるはずです。

もちろん、一朝一夕にというわけには
いかないこともあります。
それでも“変化と成長”を始めることが出来れば
あなたは、環境・状況から、
人質を取り戻して、“自分”を楽しむことになります。

私たちの全ては様々な人や物事との関係の中で
生きています。この“関係”が、環境・状況です。

相手と自分との“関係”なのですから、
その半分は自分の責任でコントロールできることだ

ここが“変化”と“成長”のポイントになる。

このことを共有して、今回のテーマ

 変化すること成長すること

を終えていきたいと思います。

7回にわたってお付き合いありがとうございました。
そしてまた、2017年も
賢いコーチの使い方 
ご購読頂きありがとうございました。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

ひじま、まさき


◇相棒コーチング
  →お申し込みはこちら
  →ご相談、お問い合わせはこちらです。

 ご連絡をお待ちしております。

2017年12月26日火曜日

過去が資源になる振り返り方

こんにちは。
毎年、年末になると、一年を振り返るような番組が放送されます。

自分の一年を振り返る、という事をやっているでしょうか?

振り返り、好きな人もいれば、嫌いな人もいます。

手帳を毎年捨ててしまう、という人も。

「過去は振り返らず、未来だけ見て進もう」
っと、振り返る事自体を、全否定する人も。


過去の振り返りが、自分を助けてくれる、
ポジティブなものになるか、
ネガティブなものになるか、は
振り返り方によります。


過去を資源にするためには、
棚卸のような感覚でやるのがコツです。

やり方
1.一年間、世の中でどんな事があったのかを、ニュースなどを見て、思い出す。

2.スケジュール帳やメール、SNSなどを見て、一月から、順に、自分の周囲でどんな出来事があったのかを書き出す

3.同じく、自分がした事を1月から順に書き出す
仕事、勉強、趣味、など。

例:読んだ本、参加したセミナー、見た映画・テレビ、会った人、教えた内容、仕事の内容、取引先、遊びに行った場所、参加した飲み会、社外の集まり、会議、運動、料理、等
具体的レベルで。

4.積み重ね気づく~
今年やった事、勉強した事を見て、
何を何回やったのか数える
正確な記録がない場合、
月一ペースなら年12
週一なら年50
週二なら年100回です。

5.新しい経験を見つける
去年経験してない事、
新しい経験、新しいジャンル、項目は、変化を書き出す。
(良い/悪い 関係なく)

去年と同じ事でも、相手、頻度、やり方が変わったら変化です。

6.自分の成長に気づく
今年やった事、経験した事の中で、下記を書き出す。
・どんな事に気づいたか?
・何を学んだのか?
・去年の今頃とは何が違う?

イメージだけで
「今年は特に何もなかった」
「うまくいかなかった」ように言っている人も
このプロセスをやった後は、とても満足げな顔に変わります。


あまり記録をつけていない人も、
メールのやりとりなどを見ると、いつ何をしたのかが
わかります。

どんな人でも、
生きていたら、それだけで成長しています。
それを見つけられるかどうか、だけが問題です!(笑)

◇相棒コーチング
  →お申し込みご相談、お問い合わせはこちらです。

#コーチング #振り返り #資源 #セルフコーチング