はじめまして

はじめまして!

私達は、オーストラリアで同じコーチング技術を学んだコーチ3人のユニットです。オーストラリアでは、ビジネスコーチ、ライフコーチと呼ばれる私達の仕事や人生をよりよくして行くためのパートナーとしてコーチを使っています。ここ日本にも、「プロコーチ」が存在します。しかしながら、そのコーチ、コーチングがどんなもので、どのように使うのかが、あまり多くの方に知られていないのが現実です。

私達は、コーチ、コーチングを仕事の課題解決や目標達成、仕事以外の課題解決や目標達成に上手に使って、より満足度高く生きる事ができると考えています。「コーチ」を使って、人生を、仕事を、毎日をより楽しく、充実して行くことができるかをお伝えすると同時に、プロのコーチとして、あなたにもコーチングを提供して参ります。

どうぞこれより、「賢いコーチの使い方、あなたの相棒コーチ」よろしくお願いします。 そして、コーチの使い方を知って、あなたの思い通りの毎日を創っていく助けにして頂けると嬉しいです。

(お問い合わせはこちらのフォームから。コーチングお申し込みはこちらへ。)

2014年9月29日月曜日

楽しく続けるコツ

こんにちは。

前回、勉強やスポーツなど、何かを習得・達成するために
継続的な努力が必要な事に関して、書きました。

「目標が必要」というのは、その前提として、
目標に向かう過程・日々の活動はつらいもの、面白くないもの・・・
という前提があるのでは、という内容をお話ししました。

今回は、その過程・日々の努力を楽しくするコツを
いくつかあげます。

1つは、その日々の活動に、
どんな意味づけがされているか、です。

先週も書きましたが、ロールプレイングゲームって、
実際の活動は、ひたすらボタンを押したり、文字を読んで
記憶したり・・・と、かなり地道な作業です。

遊び・・・という意識でやっているから、楽しくできるのではないでしょうか。

これと逆に、たとえば
娯楽小説でもネットの記事でも教科書でも、
文字を読んでる事に変わりはないわけです。

自分の興味や娯楽のために読んでいるのか、義務でいやいや
読んでいるのか、という意識・意味づけによって
楽しかったりいやだったり、という感情がかわってきます。

○○の練習、勉強、
と思うかかわりに、実際にやっている作業
(反復動作だったり、読んだり、覚えたり・・・)
だけをピックアップして、
違うとらえ方をすると、急に楽しくなる事があります。

また、人は
「意味のない」事をするのが一番苦痛です。

捕虜などの拷問手段として、
穴を掘ってその穴をまた埋めて、というのを繰り返させる
というのがあるそうです。

なので、日々の努力に対して、
遠くの目標以外に、何か意味づけをしてあげる、
というのも効果的です。

例えば、運動であれば「体が鍛えられる」等。

お子さんたちに「勉強しなさい」と言いつつ、
「学校の勉強は社会に出てから役に立たない」という
メッセージが流れてくるのは、
勉強に対するモチベーションをそぐ事になるだろうな、
と感じます。

そして単純に、ゲーム的要素を加える事も、
楽しくするコツです。
たとえば、
タイムトライアルにして、記録更新ねらってみる、など。

方眼紙を用意して、
一ページ分進んだら/練習ワンセットやったら、
一マス塗っていく、などして、
日々やった事の積み重ねが、
目に見えるようにしていく、のも、効果的です。

その人の目標や、活動に合わせて、
日々の努力を楽しめるよう
様々な工夫をしていくのは、
コーチングの中でも、とても楽しい作業です。


◇相棒コーチング

0 件のコメント:

コメントを投稿